2019年3月15日

取手駅(JR常磐線)バス→早尾台東--天満宮--(県道4号)--二宮神社--県道4号--(新利根川)-(豊田南用水)--稲荷神社--風の公園--柳田記念公苑--布川神社-布川貝塚跡-布川町道路元標--来見寺--布川不動尊--赤松宗旦旧宅--(県道4号)--徳満寺-布川城跡-琴平(金刀比羅)神社--奉納相撲土俵(利根町役場)-稲荷社--栄橋(利根川)--布佐駅(JR成田線)

       【ル-ト地図

 龍ヶ崎市の南、利根川沿いの利根町を北から南に歩き、利根川を渡って布佐駅まで行く。
IMG_2423
早尾天満宮
とね七福神」の福禄寿。七福神巡りをするつもりはなかったが、
利根町散歩を終わって見ればすべてを参拝していた。(今日は4ヶ所)
一つ手前の早尾台バス停の南側に花輪台貝塚がある。
出土した土偶は、通称「花輪台のヴィーナス」だが、これがヴィーナスかね?
IMG_4222
(2019年4月21日撮影)
IMG_4221

IMG_2430
二宮神社(由緒
IMG_2439
新利根川を渡る。 《地図
坂東太郎利根川に申しわけないような川だ。
ついで豊田南用水を渡り、稲荷神社から風の公園に出て一休み。
IMG_2450
柳田記念公苑説明板
利根町は柳田國男第二の故郷
IMG_2452
旧小川家
IMG_2458
小川家の氏神
柳田國男が少年の頃のエピソードがある。
IMG_2457
IMG_2459
土蔵は資料館になっている。
IMG_2469
間引き絵馬(資料館内の絵馬の写真)
柳田國男は、この絵馬と「利根川図志」にふれたことが、
後に民俗学を志す原点になったという。
IMG_2480
布川神社
とね七福神」の恵比須
「神功皇后と武内宿祢絵馬」・「天岩戸絵馬
IMG_2497
布川貝塚あたり・布川町道路元標(左) 《地図
IMG_2500
来見寺赤門
徳川家康が鹿島神宮参詣の折、この寺に泊り、
寺名を来見と改め、門を赤く塗ることを許したとか。
赤色ははげているが残っている。
「総州六阿弥陀」の納経所、「とね七福神」の弁財天
IMG_2498
赤門の右側の一茶句碑「赤門やおめずおくせず時鳥」
IMG_2514
布川不動尊(妙法院) 《地図
木造不動明王坐像」・「木造大日如来坐像
堂の左前に「六阿弥陀第六番」の標石が立つ。「とね七福神」と同じで利根町に
あるなら巡拝しようと思ったが、後で調べたら「総州六阿弥陀」で
利根町にすべての寺があるわけではなかった。
ちなみに、『江戸六阿弥陀道』・『新六阿弥陀道』・『中川両岸新六阿弥陀道
IMG_2527
赤松宗旦旧宅(利根川図志の作者) 《地図
IMG_2531
徳満寺
「六阿弥陀第一番」標石(文政10年(1827))
本尊「木造地蔵菩薩立像」・「金銅板両界曼荼羅
とね七福神」の福禄寿
IMG_2551
客殿
本堂に「間引き絵馬」が掛かっている。
IMG_2562
布川城跡(徳満寺あたり一帯)の空堀、土塁跡?
IMG_2565
琴平神社「説明板
杉野嵩雲絵馬」・「布川河岸絵馬」・「搾油絵馬」・「杉野東山篆額
奉納相撲の賑わいを詠んだ小林一茶の句碑。(琴平神社境内)
「べったりと 人のなる木や 宮角力」 
IMG_2574
金刀比羅神社奉納相撲土俵(利根町役場の敷地内)
IMG_2578
布川城跡(利根川土手から)
IMG_2580
栄橋(利根川上流方向)を渡って千葉県に入り、布佐駅に向かった。

                                                    『坂道散歩