2019年5月4日

長後駅(小田急江ノ島線)--仙元塚--長後市民センター--六合橋(引地川)--地蔵祠--(葛原バス停)--道祖神--宮の腰交差点--豊受大神--葛野バス停-御所見塚碑--庚申塔道標--稲荷社--用田の辻(用田交差点)・大山不動道標・中原街道交差地点--地蔵祠--(東海道新幹線)--用田橋(目久尻川)-(海老名市)-大山不動道標--寿閑寺--真光寺--地神塔道標--県道22号--庚申塔道標--本郷神社--道祖神?-大山道標--大山不動道標・二十三夜塔--道祖神--子育地蔵(延命寺)--馬頭観音-居合坂・柏尾通り大山道案内板--居合橋(幹線用水路)--(県道46号)-南門沢橋第二踏切(相模線)--大橋(永池川)--正覚寺-浄久寺-渋谷神社--大山不動道標・戸田の渡し案内板--(圏央道)-戸田の渡し跡・戸沢橋(相模川)--(厚木市)--戸田の渡し跡碑--不動明王像--地蔵等石仏群-県道22号-相川村役場跡標柱--道祖神-天宗寺--県防災センター--長徳寺-大山道標?--長沼交差点(県道22号)・大山不動道標・(伊勢原市)--畠田橋(歌川)--(小田原厚木道路)--愛甲石田12号踏切(小田急線)--法眼寺--大山街道(青山道合流地点)--青山道(矢倉沢往還)--国道226号--伊勢原駅(小田急線)

 長後市民センターに移設されている道標を調べるのに時間を食い、伊勢原市に入った途端に雹(ひょう)が降ってこようとは予定外だったが、少しは見覚えのある感じがする青山道との合流地点まで行って、柏尾道歩きの終点とした。

   【ル-ト地図

IMG_4959
仙元塚「説明板」 【ル-ト地図】の60
富士山噴火の火山灰で造った富士塚=浅間塚
IMG_4960
長後市民センター
敷地内の西側に道標などが集められて保存されている。
番号 種別・造立年       文面・元の所在地
1庚申塔右側面「ふち沢道」・左側面「右大山道 東かしお道」
 安政7年(1860)夏刈の辻(下土棚字夏刈1767)
大山道と、ほしのや道との合流地点。《地図》?
4庚申塔右側面「ふし沢道」・左側面「かしお道」
 文化9年(1812)1.と同じ
7道標正面「右大山道」・左側面「左ふじ沢みち」
 安永5年(1776)藪鼻の辻(長後四つ角) 【ル-ト地図】の8
17庚申塔右側面「左 ふち沢道」・左側面「右 大山みち」
 不明7.と同じ
19出羽三山供養塔右側面下部「右八王子 ほしのや道 西左 大山道」
 享和元年(1801)7.と同じ
説明板は日光が反射して読みづらくて苦労した。
まだあるのだろうが、なにせまだ歩き始めたばかりで先が長い。
これくらいにして切り上げて再出発した。
IMG_4989
六合橋から引地川(上流方向)
IMG_5000
豊受大神(とようけだいじん)
IMG_5003
御所見塚碑「説明板」 【ル-ト地図】の61
透明なプラスチック板に覆われていて、興覚めの感じだ。
長田氏の祖という葛原親王の墓との伝承がある皇子塚
綾瀬市にあったがそれも牛馬の餌の枯れ草を積んで干してあるみたいな塚だったが。
このあたりには葛原(くずはら)・御所見の地名が残っている。『地名の由来

IMG_5007
稲荷社(御所見市民センター手前)
大きな英霊碑や義勇奉公碑の後ろに小さな稲荷の祠がある。
IMG_5012
用田(ようだ)の辻(用田交差点)「説明板」【ル-ト地図】の62
中原街道との交差地点
IMG_5015
大山不動道標(用田交差点を渡った所の左側)
台座の「右大山道」だけは見える。
「北江戸しんみち」・「南一之宮みち」と彫られてようだ。
IMG_5016
地蔵堂(西用田バス停手前)
背丈が違う地蔵さんが二人仲良く並んでいる。
兄弟、親子、友達?
IMG_5024
用田橋から目久尻川(下流方向)
藤沢市から海老名市に入る。
IMG_5029
大山不動道標には「左大山道」 【ル-ト地図】の63
右の道標には「右 座間 ???」
IMG_5033
寿閑寺(右)
IMG_5036
真光寺
IMG_5041
子育地蔵
右は宝暦5年(1755)、中は寛延4年(1751・宝暦元年)の造立。
IMG_5045
地神塔道標「左大山道」らしいがよく見えず。

細い流れを渡って県道22号に出て上り坂を少し進む。
IMG_5051
庚申塔道標(安政4年(1857))
右側面「此方かしを道」、左側面「此方大山道 右一の宮 左国分寺」
IMG_5058
本郷神社
このあたりは、『海老名市の坂④』で歩いている。
IMG_5061
左は「西国四国坂東供養塔道標(弘化4年(1847))で、
左側面「此方大山道」・右側面「此方 こくふんし ほしのや 江戸新道」
右も「西国四国坂東供養塔」
IMG_5066
大山不動道標(明治4年)には、「南 一之宮道」・「北 かしお ふじさわ 道」
二十三夜塔(安政2年(1855))には、「左 ほしのや 国分寺 道」 
【ル-ト地図】の64

ここを右折し、その先を左折して行く。
IMG_5077
子育地蔵(延命寺)

ブロック塀の間に馬頭観音の祠がある。

IMG_5082
居合坂を下る。【ル-ト地図】の65
小名の居合による坂名。居合は、「入会地」の転訛したもの。
居は井と同じで、泉・用水・井堰を表し、水流や川の合流点を示すとする説などがある。
IMG_5084
説明板
IMG_5091
大橋から永池川(下流方向)
相模国分寺の北の国分尼寺の近くの浅井の泉が水源といわれ、
寒川町で相模川に合流する。様々な生物が生息し、緩やかな川だそうだ。 
IMG_5095
正覚寺
IMG_5097
浄久寺
開基の長谷川氏の墓が多く、「郷土かるた
火付盗賊改のあの長谷川宣以(平蔵)の家系か?
IMG_5100
渋谷神社説明板
寺かと思ったら鳥居があった。
IMG_5106
正面の大木の下に大山不動道標と戸田の渡しの案内板がある。【ル-ト地図】の66
IMG_5108
大山不動(安政2年(1855))
台座に「大山」とあるだけ。
IMG_5116
戸沢橋から大山方向
IMG_5114
戸沢橋から相模川(下流方向)

厚木市に入った。
IMG_5117
戸田の渡し碑
民家の敷地内の不動明王像
IMG_5120
地蔵など石仏群(県道22号に出る手前左側)
IMG_5121
相川村役場標柱 【ル-ト地図】の67
相模川から一字を取って相川村。昭和12年に戸沢が完成した際に、
戸田366からここへ役場が移設され、昭和30年に廃止されたそうだ。
IMG_5124
天宗寺・左は鍼灸院
IMG_5130
長徳寺
阿弥陀如来立像
IMG_5133
右は大山道標で、「左大山道」・「右戸田船渡」らしいが見えない。
(長徳寺の少し南側の右側)
IMG_5136
大山不動道標(天保6年(1835)・長沼交差点)「説明板
このあたりから曇って暗くなった空からゴロゴロと雷鳴が聞こえ始めた。
伊勢原市に入った。
IMG_5140
畠田橋から歌川(下流方向)
ここで急に大粒な雨がバラバラと身体に当たりだした。
これは雹(ひょう)まじりの雨だったようで、傘を取り出す間にかなり濡れてしまった。
帰りは府中本町駅から武蔵野線で帰ったのだが、駅は競馬帰りの人で混んでいた。
ひょうなどの天候不良で10R以降が中止になったのを帰ってから知った。

しばらくして普通の雨となり、次第に小降りになってきた。
IMG_5145
渋田川・小田急線・大山(右後方)
小田急線をくぐれば大山街道(青山道)との合流地点はすぐだ。
IMG_5153
右から来る大山街道(青山道・矢倉沢往還ルート)との合流地点 【ル-ト地図】の68
青山道を進み、国道246号に出て愛甲石田駅に向かった。
電車に乗ったあたりから外が真っ暗になって雷鳴が轟き、
ザアザア降りの雨になった。グッドタイミングというのだろう。

←『柏尾道①

坂道散歩