2019年5月9日

赤羽駅(JR京浜東北線)-日光御成道(岩槻街道)--道標・宝幢院--(JR京浜東北線ほか)-師団坂下-八幡坂--桐ヶ丘中央公園--(板橋区)--小豆沢通り-小豆沢貝塚-小豆沢公園-大山道標(庚申塔)--(志村坂上駅)-中山道-旧道-庚申塔道標-清水坂上・大山道標(大山道分岐地点)--城山通り--志村城跡碑-熊野神社・志村城空堀跡-城山の坂--(首都高5号)-庚申塔道標(志村第二公園)--南坂--中台中学校-庚申塔道標-中台稲荷神社--延命寺・庚申塔道標--閻魔坂--かみなか庚申塔--東第33号踏切(東武東上線)-三又の馬頭観音・(練馬区)--川越街道下練馬宿-大山不動道標・ふじ大山道(富士街道)起点-川越街道--東武練馬駅(東武東上線)

ル-ト地図

 大山街道(青山道・矢倉沢往還ルート)
 大山街道(田村道)
 大山街道(柏尾道)
 大山街道(八王子道)
 大山街道(八王子道・当麻経由)』
 *『大山街道(5本のルートのまとめ)地図』

houdouinn
宝幢院 【ル-ト地図】の1
ここは日光御成道(岩槻街道)と鎌倉街道(中の道・西回り)の合流地点
douhyou(houdou)
道標((元文5年(1740)・宝幢院前)
「東 川口善光寺道 日光岩付道」・「南 江戸道」・「西 西国冨士道 板橋道」で、
西に鎌倉街道中の道を行けば、上町駅近くの世田谷代官屋敷跡あたりで、
大山街道(青山道・矢倉沢往還ルート)に合流する。
douhyousetumei

yawatazaka
八幡坂 【ル-ト地図】の2
坂上には八幡(はちまん)小学校、坂下には赤羽八幡神社があるが、
北側の八幡(やわた)谷に由来の坂名。大正時代に造られた新しい坂で、
昔の大山道とは呼べないだろうが。
IMG_5359
庚申塔道標(天明5年(1785)) 【ル-ト地図】の4
IMG_5356
正面に「奉造立庚申供養塔」
右側面に「 右ハ大山道
左側面に「左ハ上いたばしみち」、
ここまで道沿いに大山道を示す道標はこれだけだった。
すぐ先で中山道に出て、左の旧道に入る。
IMG_5362
中山道(志村坂上交差点)
左が旧道で清水坂上に向かっている。
IMG_5363
庚申塔道標 【ル-ト地図】の5
「是より川口ぜんかうじ道」と刻まれているともいうが、
風化が激しい上に工事現場でこれ以上近づけない。
まだ、撤去されないだけましか。
さっきの宝幢院前の道標にも「東 川口善光寺道」とあった。
江戸時代には庶民の手軽な善光寺参りで賑わった寺だが、
今は荒川の堤防上の味気ない、殺風景な寺になってしまった。
「江戸名所図会」の『善光寺』 (現在の《地図》)
日光御成道沿いの寺で中山道沿いの寺ではない。
今来た道筋近くを通って日光御成道へ出たということか?
IMG_5367
大山道分岐地点(正面に道標と庚申塔道標) 【ル-ト地図】の6
中山道は直進して清水坂を下って行く。
IMG_5369
大山道標・庚申塔道標
IMG_5368
説明板
IMG_5378
熊野神社 【ル-ト地図】の8
志村城の二の丸跡に建立
IMG_5381
由緒
IMG_5392
境内で遊んでいれば自動車追突事故に巻き込まれる恐れはないが。
IMG_5376
志村城跡碑
IMG_5377
説明板
IMG_5382
志村城空堀跡(社殿の西側) 【ル-ト地図】の9
IMG_5391
絵馬殿
IMG_5385
説明板
IMG_5386
伊勢太々神楽(だいだいかぐら)奏図絵馬(寛政7年(1795))
IMG_5393
熊野神社前から城山の坂を下って首都高5号をくぐる。【ル-ト地図】の10
IMG_5398
庚申塔道標(志村第二公園内) 【ル-ト地図】の11
①右の石橋供養庚申塔(明和7年(1770)))の
右側面「右は はやぞみち」
早瀬は早瀬前遺跡や鎌倉古道の早瀬の渡しがあったあたりか。
左側面「左は 祢里まみち」、(祢里まは練馬、石橋は出井川の摺張橋)

②中の庚申塔(文政13年(1830))
右側面には「向右 祢つはより吹上道」、(根葉)
明治33年に上蓮沼村と根葉(ねっぱ)村が合併したとき、
両村名から一字づつ採って蓮根となった。
吹上は蓮根の西方の吹上観音(和光市白子)方向か。
左側面には「向左 称りまより大山道」、

③左の庚申塔(明治2年)
右側面「向右 ねりまみち」
左側面「向左 かみいたばしみち」

①②③とも中台2-40-3(公園の南側の道の分岐地点)より移設
(いずれも刻まれている文字等については、『板橋区の庚申塔』を参考にした。感謝!)
IMG_5397
説明板
IMG_5404
南坂を上る。【ル-ト地図】の12
中岱南殿の屋舘址が坂上の丘陵上にあった。
城山の坂を下り、出井川の摺張橋を渡りこの坂を上り、
やがて下練馬宿に通ずる大山道の一部。
坂下には庚申塔が祀られていていづれも道しるべを兼ねている。
うち1基は摺張橋の橋供養を行っていて、道中の無事を祈っている。
(『いたばしの地名』・『郷土 板橋の坂道』より)
IMG_5405
地蔵の祠の左に馬頭観音と庚申塔 【ル-ト地図】の13
IMG_5414
①地蔵(右)(天明4年(1784))
台石右側面「右練馬道五町」・左側面「左下板橋道」

②馬頭観音(中)(寛政12年(1800))
右面 「右??道 大山道」・左面 「左江戸道」

③庚申塔(左)(嘉永5年(1852))
右側面「西ふじ大山練馬道」
左側面「南いたはし前野道」、参考:『気ままに街道歩き(大山街道志村道)』
IMG_5415
中台稲荷神社 【ル-ト地図】の14
IMG_5417
説明板

大山道から離れて延命寺の境内に集められている
庚申塔道標などを見に行く。【ル-ト地図】の15
参考:『板橋区の庚申塔
IMG_5426
左の庚申塔(享保20年(1735))
正面右下「これより左へ ねりまへ十八丁」
右の庚申塔(宝暦3年(1753))
右側面「此方 ねっぱみち」・(根葉道)
左側面「此方 富士道」
IMG_5421
馬頭観音(天保14年(1843))
右側面「西練馬ふじ大山道」
左側面「東岩渕川口道」・裏面「南板橋道」
IMG_5428
閻魔坂 【ル-ト地図】の16
中台稲荷神社の前から閻魔堂橋跡あたりまで下る坂。
出井川の支流の一つで小字新田前に源を発する小川に閻魔堂橋が架かっていた。
近くに延命寺持ちの閻魔堂があった。
IMG_5429
かみなか庚申塔(享和4年(1804)) 【ル-ト地図】の17
右側面「右 にしたい とくまる」(西台 徳丸)
 左側面 「左 ねりま 大山 みち」
IMG_5436

IMG_5430
かみなか庚申塔

東上線の踏切を渡って行く。
IMG_5440
三又の馬頭観音 【ル-ト地図】の18
IMG_5442
馬頭観音(右)に「右王子道」・「東戸田渡し道」
左の石塔(道標?)に「左戸田道 下練馬 右いたばしみち」
と刻まれているともいうが、全く分からず。

練馬区に入った。
IMG_5447
川越街道下練馬宿 【ル-ト地図】の19
このあたりは寂しげだが、環八通りを越えると賑やかな商店街となる。
IMG_5451
大山不動道標(宝暦3年(1753))・東高野山道標 【ル-ト地図】の20
IMG_5452
正面 「従是大山道」
  左面 「ふじ山道 田なし 三里 府中え 五里」
IMG_5454
ここが「ふじ大山道(富士街道)」起点で→青梅街道合流地点→甲州街道、
あるいは、青梅街道合流地点→深大寺道→甲州街道、
甲州街道→府中宿→鎌倉街道(上の道)→大山街道(青山道)
甲州街道→八王子宿→大山街道(八王子道)→大山街道(青山道)、
などで大山に向かったのだろう。

坂道散歩